碧南市

碧南市

【水に囲まれた町】
伝統産業と近代産業

愛知県の南部に位置する面積38.68㎢総人口72,936人の碧南市

 


今回は、碧南市について紹介していきます。

周囲を水に囲まれた碧南市。臨海地域には多くの企業が進出し、工業地帯となっています。
その一方で農業も盛んでありながら、「鋳物」や「醸造」などの伝統産業も営まれています。

1960年代後半、市の西南に面した「衣浦港」を埋め立て、工業地域を造成したことから発展が始まりました。
1990年代に中部電力の「碧南火力発電所」が完成したことをきっかけに、多くの企業が工場などの進出に乗り出したのです。

観光スポットも魅力的で、現存する日本最古の醸造元とされる「九重味淋大蔵」、大正時代に建てられた鉄筋コンクリート製の建築物などが代表的です。
また、「斎宮社」のあじさいまつりや徳川家康が武運を祈願したとされる「妙福寺」など、神社・仏閣も数多くあります。

そんな高浜市の観光スポットを少し紹介!!


【明石公園】
ゴーカート、メリーゴーランド、サイクルモノレール、おとぎ列車など子供が楽しめる乗物や遊具があり、ファミリーでもカップルでも友人同士でも楽しめる。
春には約250本のソメイヨシノが花を咲かせる。

愛知県碧南市明石町6-11


【県営油ヶ淵水辺公園】
県内で唯一の天然湖沼「油ヶ淵」とその周辺区域を含む、碧南市と安城市にある、西三河唯一の県営都市公園。
将来的には順次、油ヶ淵水面を含め約139.9haもの広大な公園として整備中です。
地域の憩いの場としてみなさんに愛される公園です。

愛知県碧南市油渕町2丁目33


【九重味淋大蔵】
みりんを貯蔵熟成するための蔵。
国の登録文化財に指定されており、220年以上経った今でもその雄大な姿を見ることが出来ます。

愛知県碧南市浜寺町2-11


その他にもまだまだ魅力が溢れる都市、【碧南市】を今後も紹介していきたいと思います。
最後まで読んで頂きありがとうございました!!

三河のオシゴト情報にちょっとPlusした情報を《三河オシゴトPlus》
是非オシゴト情報もご覧下さい!!


↓ ↓ ↓
https://mikawa-shigoto.com/jobs/